2012年12月30日

(朝鮮日報日本語版) ブランド模倣品の販売、消費者に告知しても処罰可能

こんにちは!今日も、明るい話題でいきたいですね。

これで新しい動きがわかります。

今日お知らせする話題で何かを得てください。

それでは今日の最新ニュースを見てみましょう。

経済ニュースをとりあげます。



(これが今日の話題)

(朝鮮日報日本語版) ブランド模倣品の販売、消費者に告知しても処罰可能
朝鮮日報日本語版 12月26日(水)9時50分配信

有名ブランドの模倣品を販売した場合、模倣品であることを消費者に告知したとしても、販売者を処罰できるという大法院(日本の最高裁判所に相当)の判決が下った。

大法院第2部(イ・サンフン裁判長)は25日、自ら運営するオンライン・ショッピングモールで、英国のファッションブランド「ビビアン・ウエストウッド」の商標を取り付けた模倣品のかばんを販売したとして起訴された被告(25)に対し、無罪を言い渡した二審判決を破棄し、審理を仁川地裁に差し戻す判決を下した。

【関連記事】

金総書記死去:「激怒し、現地視察行く途中に急死」
金総書記死去:手抜き工事・虚偽報告がストレスに
金総書記死去:死去当日の謎、徐々に明らかに
安倍新政権:極右の下村氏を文科相に起用へ
フィギュア:ヨナのライバル、浅田とコストナーが復活

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121226-00000641-chosun-kr


(今日の話題は、ここまで)



今日の情報はいかがでしたか?
一日一日の情報の積み重ねが
明日への大きな力になってきます。

これからも応援よろしく。
明日、いい天気だといいなぁ。
posted by 楽々稼ぎ隊 at 14:51| ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。