2012年12月26日

中国の商標法改正案、商標権侵害に対する損害賠償額を引き上げ

こんにちは!今日はどんなニュースを紹介できるかな。

今起きている世の中の動きを知ることも必要ですね。

今日抜粋したニュースから何かヒントを得てください。

それでは今日のお奨めニュースを見てみましょう。

中国の商標法改正案、商標権侵害に対する損害賠償額を引き上げについて調査。経済ニュースも重要ですよね。



(これが今日の話題)

中国の商標法改正案、商標権侵害に対する損害賠償額を引き上げ
XINHUA.JP 12月25日(火)11時47分配信

【新華08網】 商標法の改正案が24日、第11期全国人民代表大会常務委員会第30回会議の審議に提出された。商標専用権の保護を強化し、懲罰的賠償に関する規定を追加、商標権侵害に対する損害賠償額を引き上げる内容だ。

商標権の合法的な権益を守る上でのコストが高く、賠償が得られにくい現象に対応するため、改正案は懲罰的賠償制度を導入。悪意ある商標専用権侵害行為に対して、商標権所有者が受けた損失、侵害者の得た利益、または商標使用料の1〜3倍の範囲で損害賠償額を確定する。これら3種の根拠が示されない場合には、法定賠償額の上限を50万元から100万元に引き上げる。

証拠を示すことが難しく、損害賠償額が少ない現象に対応するため、改正案は外国の商標法を手本に、裁判所が損害賠償額を確定し、権利者が全力で証拠を示しても権利侵害行為に関する帳簿、資料が侵害者に握られているという場合、侵害者に対して権利侵害行為に関する帳簿や資料を提出するよう命じる。侵害者がこれを提出しないか、虚偽の帳簿や資料を提出した場合には、裁判所は権利者の主張や関連証拠に基づき損害賠償額を定めるとしている。

改正案はまた、法的責任を負うべき商標専用権の種類を増やした。権利侵害行為に便宜を図り、他人の商標権侵害を助ける行為も商標専用権を侵す行為と定める。

商標法は1993年の施行以来、2度の改正が行われた。国の知的財産権戦略を実施し、商標制度の役割を十分に発揮、経済発展方式の戦略的転換を加速させるため、中国は3度目の商標法改正に向けた作業に着手した。

翻訳 王秋/編集翻訳 恩田有紀)

【関連記事】

中国、米国産大豆54万トンの買い付けキャンセル 過去14年で最大の規模
性交時に陰茎断裂、流血の大参事=マレーシアの男性
インナー「ちらり」で会場沸騰―台湾人気歌手ジョリン・ツァイ、コンサートでの一幕
危うく「ポロリ」も 過熱する「中国美女経済」を振り返る
HSBCの投資顧問が明かす 日本と豪州に偽札がない理由とは?―中国報道

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121225-00000013-xinhua-cn


(今日の話題は、ここまで)



今日のニュースは、いかがだったでしょうか?

また暇な時に遊びに来てください。
いつでも歓迎します。
きっと来てくださいね!
では、では。
posted by 楽々稼ぎ隊 at 18:09| ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。