2012年12月21日

虎のブランド渡しまへん!「甲子園」を商標登録

こんにちは!今日はどんな話題になるのかな。

今日の話題作りに最適です。

今日ここに選んだニュースは、きっと役立つと思います。

ではこれが今日のニュースです

虎のブランド渡しまへん!「甲子園」を商標登録について調査。経済ニュースも重要ですよね。



(これが今日の話題)

虎のブランド渡しまへん!「甲子園」を商標登録
読売新聞 12月20日(木)20時52分配信

「甲子園」の名称が商標登録された阪神甲子園球場(兵庫県西宮市で、読売ヘリから)

阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)を運営する阪神電鉄(大阪市)が、「甲子園」を商標登録したことがわかった。

「阪神優勝」の商標権を巡る争いがあったことから、ブランドイメージを法的に守ることにした。今後、第三者が野球大会や球場名などで「甲子園」を使うと商標権の侵害にあたるが、野球以外のイベント名の開催には問題ないという。

甲子園球場は、十干十二支(じっかんじゅうにし)の「甲子(きのえね)」にあたる1924年に完成したことにちなんで命名された。

阪神電鉄は95年に「阪神甲子園球場」を商標登録。しかし、千葉県内の自営業男性が2002年2月に「阪神優勝」を登録したため、タイガースが03年に18年ぶりのリーグ優勝を果たした際には、球団側は商標を使った関連商品を販売できなくなった。

その後、球団が特許庁に申し立て、男性の登録は無効になったが、現状のままだと、各地に「甲子園」と名付けられた野球場ができても抗議できないと判断。阪神電鉄が10年11月に特許庁に商標を出願し、今年7月に登録された。

今回の商標登録は、野球大会や野球関連行事の企画や運営・開催と、野球場の名称に限られている。

阪神電鉄は「ファンに育てていただいたブランドイメージを、商標登録することでこれからも守っていきたい」としている。

◆商標の及ぶ範囲は◆

Q 商標登録とは。

A 提供する商品やサービスの名称、マークを登録する制度だ。特許庁に出願・登録することで、第三者による模倣や無断使用を禁じて、独占的に使用できる。年間約10万件が出願されている。

Q 商標を巡る争いは。

A 同庁の調査では、模倣品などの被害は2010年度に少なくとも1072億円に上った。海外でのトラブルも多く、特に近年、中国での被害が目立つ。

Q 「甲子園」の商標登録による影響は。

A 商標の及ぶ範囲は限定されており、グッズ販売や菓子などへの影響はない。同庁の検索システムによると、「甲子園」という名前を含んだ商標登録はすでに100件以上ある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121220-00001194-yom-bus_all


(今日の話題は、ここまで)



今日の話題はどうでしたか?

これからも応援よろしく。
では、では。
posted by 楽々稼ぎ隊 at 16:10| ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。